開化の殺‪人‬

    • 3.0 • 4件の評価

発行者による作品情報

『開化の殺人』は、明治時代の日本の小説家芥川龍之介。本名同じ、号は澄江堂主人、俳号は我鬼。この作品は底本の「「現代日本文学大系43芥川龍之介集」筑摩書房」では「日本の小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1922年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
17
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
19.9
KB

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1999年
1924年
1928年

カスタマーはこんな商品も購入

1971年
1930年
1993年
1947年
1944年
1947年