闖入‪者‬

    • 3.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

「闖入者」は明治から昭和時代にかけて活躍した推理作家、小説家である大阪圭吉の小説。山荘で死亡した洋画家の川口亜太郎がなぜ南室から見える富士山の景色をわざわざ東室に閉じこって書いたのかとの絵の謎。

ジャンル
小説/文学
発売日
1940年
1月2日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
26.1
KB

大阪圭吉の他のブック

2015年
1944年
1943年
1938年
1940年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

1932年
1996年