発行者による作品情報

『院展日本画所感』は日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家である和辻哲郎の作品。この作品は底本の「「和辻哲郎随筆集」岩波文庫、岩波書店」では「文学・評論」としてまとめられている。初出は「中央美術」1919(大正8)年10月号。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1923
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.9
KB

和辻哲郎の他のブック