• ¥150

発行者による作品情報

「オレの姐さんは、灯だけだ」――薄井灯(うすいあかり)は、両親を亡くし、借金を抱えさせられ、おまけに人違いで悪蛇組(わるだくみ)に拉致されるという薄幸ぶり。若頭のスミレは、危篤状態の組長に「所帯を持てば跡目を継がせる」と言われ、灯を“姐(あね)さん”に仕立てることにする。一夜限りの芝居のはずが「今夜が峠」のはずの組長が回復してしまったため、灯はそのまま悪蛇組の“姐さん”を続けるハメに。やむなく姐さん修行に努めるも、不器用で失敗ばかりの灯。舎弟の十瀬(とせ)は「あんな貧乳、スミレさんにふさわしくない!」とイラ立ちを募らせて……。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2020
9月4日
言語
JA
日本語
ページ数
44
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
9.5
MB

山口ねねの他のブック

このシリーズの他のブック