• ¥620

発行者による作品情報

「東京は人間がいちばんあったけぇ場所じゃねえか?」。隅田川の河川敷で暮らす硯木正一はしみじみ思う。ホームレスと呼ばれるものの、家はある。しかも、三食、酒、タバコありの優雅な生活。バッテリーを使えばテレビも楽しめる。東京にはほしいものがなんでも落ちている——。実在の人物をモデルに描く、自らの知恵と体を使って生きる男の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
3月5日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.5
MB

坂口恭平の他のブック