隅田川両岸一‪覧‬

    • 3.9 • 7件の評価

発行者による作品情報

葛飾北斎画、江戸名所狂歌絵本。大本3巻合1冊。鶴屋喜右衛門刊。色摺り。刊記丁を欠くが、絵師は、壺十楼成安の序中に「北斎ぬし」とあり、板元も序に「仙鶴堂のあるし」とある。高輪から筑地、柳橋、広小路、両国、新柳橋、首尾の松、榧寺、駒形、大川橋、浅草寺、向島、待乳山、今戸、橋場、真崎、山谷、吉原まで、隅田川の河口から遡り、最後は新吉原に至る。すべて西岸を基点として、東岸を向こう岸に眺めやる構図の連続。絵巻物を冊子化したような造りで、鶴岡蘆水画の板彩画巻『(隅田川)両岸一覧』に基づくとされる。図ごとに両岸の地名と景物を小見出しにする。絵の成立及び主板の刻彫は、諸説あるが、上巻最終の両国広小路図に「大坂下り女かるわ(ざ)」の赤い幟が見えることを根拠に、文化元年(1804)か翌2年とする説が有力。ただし、狂歌の陣容はそれより下ること、また極彩色の書肆板であることから、文政初年の補訂、彩色摺刷と考えるのが妥当か。狂歌は、上段の余白に1ないし3首ほど刻入するが、狂歌がなくとも構図上、遜色ないことから、当初から狂歌入りであったとは考えにくい。(鈴木淳)〈参考文献〉林美一著『艶本研究 北斎』1968年、有光書房。永田生慈監修『北斎の狂絵本』1988年11月、岩崎美術社。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)


このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。


タイトルヨミ:スミダガワ リョウガン イチラン

著者標目:葛飾北斎, 1760-1849

著者ヨミ:カツシカホクサイ

出版者:刊

種類:絵画

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2016年
2月29日
言語
JA
日本語
ページ数
57
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
118.1
MB

葛飾北斎の他のブック

2015年
2016年
2016年
2016年
2016年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2016年
2016年
2016年
2016年
2015年
2016年