• ¥850

発行者による作品情報

弾けるような笑顔、華やかなファッション、外国賓客に対する堂々たる振る舞いと、日々輝きを増す皇后雅子さま。しかし、一九九三年のご結婚から今日までの道のりは、長く苦しいものだった。外交官から皇室へと新しい人生を選択したものの、男子出産の重圧にさらされ、生きる意味を見失った日々。そこからどう立ち直ってこられたのか?失わなかった「普通の人としての感覚」とは?雅子さま、そして愛子さまほか女性皇族にとって生きやすい皇室を考えながら、誰にとっても生きやすい社会のあり方を問う、等身大の皇室論

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2020
3月26日
言語
JA
日本語
ページ数
175
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1
MB

矢部万紀子の他のブック