• ¥1,600

発行者による作品情報

「雨はどのようにして降り、降った後はどこへ行くのか?」私たちにとっては常識とも思われるこの疑問に、科学者たちはずっと悩んできました。古代の科学者は水の循環をあれこれ想像し、現在の科学者は最新の技術を駆使し、雨の一生に迫ろうとしています。
本書は、研究の歴史を通して、雨が降るまでのメカニズム、そして、降った後もつづく地球をめぐる水の旅をわかりやすく解説します。
日常の「当たり前」のなかに「なぜ?」と思う気持ちが芽生える、雨をめぐるサイエンスヒストリーを楽しむ一冊。

ジャンル
科学/自然
発売日
2017
6月23日
言語
JA
日本語
ページ数
308
ページ
発行者
ベレ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
60.8
MB