• ¥200

発行者による作品情報

パソコン用ソフトの流通からスタートしたソフトバンクを襲う様々な内憂外患と、創業期のソフトバンクを支えた大恩人たち。

創業(1981年9月)から東証一部上場(1998年1月)までのソフトバンクの驚異的な急成長の軌跡を、孫社長自身に2年近く取材をしてまとめたノンフィクション作品『孫正義 インターネット財閥経営』(実業之日本社刊)の電子版(全4回配信)
第2回配信分では【第4章 流通ビジネス事始め】日本パソコンソフトウェア協会の設立/ソフトの粗製濫造に泣かされる/『THE SOFTBANK』創刊 【第5章 草創期を支えた10人の大恩人】プライムレートで1億円融資/“広告拒否”に合い、月刊誌発刊を決意/『弱者の戦略』 【第6章 病に倒れた孫を襲う内憂外患】B型肝炎に襲われる/突然のトップ人事が波紋を呼ぶ/“タンデム経営”の軋轢が表面化 【第7章 時代の寵児とならしめた孫の二乗の兵法】病床で座右の書に出会う/孫の二乗の兵法/ランチェスターの法則・・など収録。

この作品は『孫正義 インターネット財閥経営』の第4~7章の内容となります。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
3月18日
言語
JA
日本語
ページ数
67
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
910
KB

滝田誠一郎の他のブック

このシリーズの他のブック