• ¥880

発行者による作品情報

韓国の暴政のDNAは現在に引き継がれる!
自国民の虐殺、政敵の暗殺、市民と軍隊の市街戦など驚愕事件の数々。韓国人の"異質さ"の源泉を探る、闇の通史!『朝鮮属国史』に続くシリーズ第2弾!

【内容より】
◆ 国会汚物投擲事件
◆ 天皇を「日王」と呼ぶ韓国の悲哀
◆ 村の大半が焼かれた「済州島四・三事件」
◆ 「親日清算」という恐怖政治
◆ 横領で国民を餓死させた「国民防衛軍事件」
◆ 韓国史最大タブー「保導連盟事件」
◆ 竹島を狙った韓国に惨殺された日本人
◆ 青瓦台襲撃未遂事件
◆ KCIA(中央情報部)の恐怖政治
◆ 光州事件と市街銃撃戦
◆ デパートの建物がいきなり崩落する恐怖
◆ 従北勢力の巨大な陰謀

第1章 韓国人とは何か? ~民族と社会~
第2章 福澤諭吉が断絶宣言した「妖魔悪鬼の地獄国」 ~李氏朝鮮時代~
第3章 韓国王族に嫁いだ方子妃と日韓関係の真実 ~日本統治時代~
第4章 文在寅が掲げる「韓国1919年起源説」のウソ ~大韓民国の建国~
第5章 橋上の市民を爆破して逃げた李承晩 ~朝鮮戦争時代~
第6章 竹島を狙った韓国に惨殺された8人の日本人 ~朝鮮戦争時代とその後~
第7章 怪物・朴正煕を生み出した韓国社会の闇 ~軍政時代1~
第8章 なぜ、大統領は暗殺されたのか? ~軍政時代2~
第9章 ベトナム人虐殺、韓国が歴史にフタをした証拠 ~軍政時代3~
第10章 流血の連鎖、光州事件、恐怖政治と破壊工作 ~軍政時代4~
第11章 歴代大統領による「用日」路線の歴史 ~韓国現代史~
第12章 文在寅は世界の敵なのか? ~現在とこれから~

ジャンル
歴史
発売日
2019
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
扶桑社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
4.8
MB

宇山卓栄の他のブック