韓非子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古‪典‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥600
    • ¥600

発行者による作品情報

「矛盾」「株を守る」などのエピソードを用いて法家の思想を主張した韓非。鋭い人間分析と、君主の君主による君主のための支配を理想とする君主論は、現代のリーダーたちにも魅力たっぷり。

ジャンル
小説/文学
発売日
2005年
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
207
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3.4
MB

カスタマーレビュー

たなかむ15

星4つ

韓非子は中国の古代の思想家です。
この思想家に興味を持ったのは、
西郷隆盛が、入水自殺に失敗して、その後沖永良部島に流されたときに、
韓非子を持っていき、熟読し、
そして幕政復帰してからは、
使命感に熱い志士、に加えて、
権謀術数家としての側面を大いにそなえた、というところからです。

以前にも読みましたが、今一度確認したいと思いました。

内容について全体像を論ずるほどの力量はないのですが、
リアリティスティックを追求する点ではマキャベリと並び称されるところがありますので、
次は、これも久々にマキャベリを読んでみたいと思います。

カスタマーはこんな商品も購入

2008年
2015年
2004年
2012年
2016年
2004年

このシリーズの他のブック

2010年
2010年
2004年
2005年
2004年
2012年