• ¥2,800

発行者による作品情報

音楽がなければ人生は過ち?

アメリカの気鋭の研究者による、音楽の哲学および芸術の哲学の入門書。

単なる音と音楽の違い、音楽鑑賞に必要な知識、音楽と情動の関係、音楽経験がもたらすスピリチュアリティなど、古くから哲学・美学で議論されてきた問題をとりあげ、音楽を哲学的に考察する。

ベートーヴェン、ハイドン、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、キング・クリムゾン、マイルス・デイヴィスやジャコ・パストリアス、ラヴィ・シャンカル――クラシックからポピュラー音楽まで、豊富な例とともに音楽の本質に迫る。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2019
3月15日
言語
JA
日本語
ページ数
245
ページ
発行者
慶應義塾大学出版会
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
967.8
KB