• ¥610

発行者による作品情報

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。
編集部員の花井は、応募条件を満たさず、
ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。
封を開けると、これまで出会ったことのない
革新的な内容の小説であった。
作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2015
3月4日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
47.2
MB

カスタマーレビュー

ヒイラギにいさん

すばらしい

ものすごく面白い

で助けをををw

かみ

パンツくい込んでる略してPK

よきかなぁ…

今のうだうだうるさい世間や社会をぶん殴る様な作品。
『わがまま?謝れ?自分から思って言うことを言わせるように強要するな』
↑こんな言葉をどんな相手であれ、どんな状況であれ言ってくれるから本当にスカッとする。
まま!とにかくもかくにも見てほしい。響の天災…じゃなかった。天才性がなんとも素晴らしい。

柳本光晴の他のブック

このシリーズの他のブック