• ¥660

発行者による作品情報

師走雪の夜、元松前奉行配下の旗本が射殺された。銃は西洋製で、賊はえぞ地での遺恨を口にしたという。北町同心・渋井が捜査を開始した同じ頃、渡り用人・唐木市兵衛は元老中・奥平純明から、碧眼美麗な側室・お露と2人の子の警護役に雇われる。やがて純明が破綻したえぞ地開発の推進者だったことが判明、屯田兵(とんでんへい)として入植した八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)の悲劇が浮上する……。大人気「風の市兵衛」、シリーズ屈指の巨編(上・下2巻)誕生!

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
6月5日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.5
MB

辻堂魁の他のブック

このシリーズの他のブック