• ¥800

発行者による作品情報

勝手気ままなネコたちは、いかにして愛すべき隣人になったのか?

砂漠を生きる野生ネコが、コタツで丸まるネコになるまでの謎を解く。



人と共存する生き物のなかで、唯一「単独性」があり、狩人の技を持つネコ。

その祖先は犬と同じ「ミアキス」であり、現存する約30種のネコ類のうち、

リビアヤマネコだけがイエネコへと進化した。



ヒトの手により家畜化されたイヌとはちがい、社会性がありリーダーを立てて生きる犬と違い、

野生ネコを手なずけ、ペットにするのは困難だ。

ネコが誕生する歴史を紐解くと、

ネコが自ら人へ歩み寄った、ある時代の局面へとたどりつく。

勝手ままなネコたちは、

いかにして人と共生する道をたどったのか?

本書では、ネコの進化の謎から、中世の世界を旅したネコの受難、

日本のノラネコたちの謎多き暮らしぶりまで、

ネコが人を魅了し続ける歴史とそのひみつを探る。



【電子書籍版のみカラー写真掲載】

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2017
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
129
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.3
MB

今泉忠明の他のブック