館‪島‬

    • 4.2 • 5件の評価
    • ¥660
    • ¥660

発行者による作品情報

巨大な螺旋階段の下に倒れていた当主の死因は、転落死ではなく墜落死だった!? 天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう! 瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。『謎解きはディナーのあとで』『もう誘拐なんてしない』『放課後はミステリーとともに』などで注目を集めるユーモア推理の気鋭が放つ、大トリック炸裂の本格ミステリ。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2008年
7月31日
言語
JA
日本語
ページ数
334
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.7
MB

東川篤哉の他のブック

2012年
2013年
2015年
2013年
2016年
2006年

カスタマーはこんな商品も購入

2003年
1992年
2012年
2017年
2007年
1999年