馬のここ‪ろ‬

脳科学者が解説するコミュニケーションガイド

    • ¥2,800
    • ¥2,800

発行者による作品情報

馬を愛するすべての人、必読

もう、経験や勘だけには頼らない

究極のホースマンシップ。

馬がどのように感じ・考え・学び・実行するかについて、脳科学に基づいて説明します。脳の仕組みに基づいたホースマンシップを身につければ、最高のチームワークを実現できるでしょう。

人間は長い時間をかけて、試行錯誤と指導を重ねて馬と乗り手を訓練してきました。しかし、そこにはいまだに多くの矛盾があり、なぜうまくいかないのか、どうすればうまくいくのかを説明できないことも多々ありました。なぜなら、行動を司る脳の機能について、まったく考慮に入れられていないからです。

脳科学者で生粋の「ウマオタク」であるジャネット・ジョーンズは、人間の脳と馬の脳は連携して働いていると説きます。あらゆる馬術は、人間と馬の脳の間で起こる相互作用に依存しているのです。

本書では、人間の脳と馬の脳の相違点と類似点を分析し、「見る」「学ぶ」「恐れる」「信頼する」「集中する」などの能力を双方の観点から解説します。脳の仕組みを理解すれば、馬が思い通りに動いてくれないのも、まるで自分の心を察しているかのように動いてくれるのも、すべて脳の原則通りなのだと実感できるでしょう。

お互いの気持ちを理解し合ったとき、馬にとって最適なコミュニケーションがとれるようになります。それこそが、真のホースマンシップなのです。

「馬のこころ」に逆らってストレスを与えるような方法を排除するとともに、馬と人間が揺るぎない信頼感を育むためのコミュニケーション方法を伝授します。

本書の目的

乗馬のパフォーマンスを向上させます
貴重なトレーニングの時間を節約します
馬との絆をさらに深めることができます
力や命令ではなく、洞察と優しさで馬に対処できます
解決可能な方法で馬の問題行動を理解できます
馬に対してよくやりがちな人的ミスを減らします




目次

I 人間社会に生きる動物たち

1 ウマとヒトの最強チーム

2 脳を進化させる

II 周りの世界を感知する

3 ウマにはどう見えているのか

4 視覚に関する調教

5 ねえ、聞いた?

6 嗅覚と味覚の力

7 知覚を結合させる

8 感触による双方向のコミュニケーション

9 乗馬脳をつくる

III 人間のためのウマになるよう学習する

10 ウマはどのようにして学ぶのか

11 負の強化

12 報酬による調教

13 よい振る舞いに気づく

14 間接的な調教

15 ゆったり構えればうまくいく

IV 注意、感情、そして計画性

16 ウマの注意を引く

17 ウマの注意を引き留める

18 ウマの感情

19 ウマの悪口

V ホースマンシップは知識だけではない

20 真のホースマンシップとは

謝 辞

著者について

用語集




ジャネット・L・ジョーンズ(Janet L. Jones, PhD)

ウマの調教や騎乗者の指導に脳科学を取り入れる認知科学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で認知科学の博士号を取得したのち、知覚、言語、記憶、思考に関する神経科学を23年にわたって教えてきた。大規模な厩舎で長年ウマの調教を行い、その後、調教関連の事業を自ら立ち上げて軌道に乗せる。何百頭もの若いウマや問題のあるウマを調教しながら、ハンター、障害飛越、ホルター、レイニング、ウエスタンプレジャーなどの競技大会に出場してきた経験を持つ。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2021年
7月15日
言語
JA
日本語
ページ数
456
ページ
発行者
パンローリング
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
11.2
MB