• ¥1,100

発行者による作品情報

日米両国とロシアが組めば「ディープ・ステート」(国際金融資本)と「中国」を抑止できる

・「ディープ・ステート」も、金正恩と習近平を見限った!

・国家を忌避してグローバリズムを目指す「ディープ・ステート」は共産主義と同根

・多文化共生社会の実現など「お花畑的幻想」に過ぎない

・日本の「移民政策」は亡国への一里塚だ!



2019年後半から2020年の世界は「ディープ・ステート」とトランプ勢力との全面対決が世界各地で顕在化してきます。この戦いの勝敗は、わが国の国体の真髄である君民一体の精神を私たち日本人がどこまで発揮できるかにかかっています。そのためにも、女性・女系天皇が誕生して皇室が解体されることは絶対に阻止しなければなりません。



国境を廃止し、グローバル市場によって世界統一を目指すユダヤ系左派の国際金融資本によって形成されている「ディープ・ステート」(国家内国家・影の統治者)。「アメリカ・ファースト」を実践するトランプ大統領によって、その勢力は明らかに衰弱しつつある。だが、両者の闘いはまだ続く……。

ジャンル
政治/時事
発売日
2019
9月6日
言語
JA
日本語
ページ数
154
ページ
発行者
ワック
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.3
MB

馬渕睦夫の他のブック