高倉健、最後の季節。 高倉健、最後の季節。

高倉健、最後の季節‪。‬

    • 3.0 • 3件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

「僕のこと、書き残してね」――


2014年正月。いつも、出された食事を残さないことを心がけている「剛さま」(貴月は高倉健のことをそう呼んでいた)が、珍しく食事を残した。


2月、風邪のような症状を訴え、急速に体調が悪化していく。

病院に行きたがらない高倉を、泣き落としで無理やり連れていき、さまざまな検査を行う。

下された診断は「悪性リンパ腫」。


高倉は尋ねた。「何もしないとどうなるんでしょうか」。医師の答えは、「死にます」。


そこから、高倉と貴月、二人三脚での闘病が始まった――。


同年11月に死去するまで、何があったのか。二人の間で、どのようなやり取りが交わされていたのか。

そして、最後の一年を書ききるために、なぜ8年の歳月が必要だったのか。


人知れず、稀代の俳優に17年寄り添った女性が綴る手記。


◇目次◇

コロナ禍をみつめて

まえがき

第一章冬うらら

第二章花曇り

第三章青時雨

第四章夏の霜

第五章山眠る

あとがき

高倉健、最後の手記

スペシャル寄稿編集部からの10の質問に高倉健自らが筆をとった高倉健一問一答

高倉健没後の活動記録2014~2023

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2023年
3月29日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
5
MB

小田貴月の他のブック

高倉健、その愛。 高倉健、その愛。
2021年
高倉健の美学 今に生きる201の言葉 高倉健の美学 今に生きる201の言葉
2020年