鬼の‪話‬

    • 3.6 • 8件の評価

発行者による作品情報

『鬼の話』は、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日、日本の民俗学者、国文学者、国語学者、折口信夫の作品。釈迢空と号した詩人・歌人でもあった。初出は「古代研究 民俗学篇第二」1930(昭和5)年6月20日。作品で登場するのは、「おにと神と」「祭りに出るおに」「土地の精霊と常世神と」の3つ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1931年
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
15.1
KB

折口信夫の他のブック

1943年
2001年
1932年
2015年
1991年
1933年

カスタマーはこんな商品も購入

1929年
2015年
2015年
2015年
2000年
2015年