魂の秘境から 魂の秘境から

魂の秘境か‪ら‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

現世での生きづらさ、生命の根源的な孤独。世界的文学『苦海浄土』の著者による、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載された遺作であり、著者最晩年の肉声。解説・上原佳久。

ジャンル
歴史
発売日
2022年
1月7日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
1.5
MB

石牟礼道子の他のブック

苦海浄土 わが水俣病 苦海浄土 わが水俣病
1972年
椿の海の記 椿の海の記
2013年
新版 死を想う 新版 死を想う
2018年
天の魚 ―続・苦海浄土― 天の魚 ―続・苦海浄土―
1980年
十六夜橋 十六夜橋
1999年
なみだふるはな なみだふるはな
2020年