• ¥620

発行者による作品情報

累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!
2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第2弾!
俺には使命があった――あれから20年。魔王にして校長のもとに新世代が集う第四部序章。

【あらすじ】

魔王と呼ばれたオーフェンがキエサルヒマ大陸を追われ、新大陸へと上陸を果たしてから20年。開拓団は様々な困難を乗り越えつつも発展を続け、ついには大陸同士の国交も結ばれるようになった。新大陸で魔術学校の校長に就任したオーフェンは、キエサルヒマへの帰還を果たす。そこで再会したのはかつての同窓たる仲間たちと、彼らの息子であるマヨール・マクレディだった。オーフェンは牙の塔での講演で若き魔術士たちを挑発し、新大陸へと誘う。

3年後、マヨールは妹であるベイジット・パッキンガムとともに新大陸に渡る。そこはマヨールにとってすべてが刺激的な場所だった。神人種族による干渉、世界と人との危ういバランス、新しき技「魔王術」。そして、3人の「魔王の娘」・・・・・・。魔術士オーフェン・新シリーズへと繋がる、新世代の物語!

著者について
●秋田禎信 (あきた・よしのぶ)
1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
TOブックス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
28.9
MB

秋田禎信 & 草河遊也の他のブック

このシリーズの他のブック