魔‪都‬

    • 4.0 • 4件の評価

発行者による作品情報

この作品は日本の小説家、演出家である久生十蘭の小説。1934年の大晦日。親日家である安南の皇帝が来日、誘拐されるという事件が勃発!皇帝失踪、不可思議な鶴子の自殺、そして鳴くはずのない噴水の鶴。これらが交錯した先に、事件の真相が明らかになる。事件の謎―すべての探偵小説を超えたスーパー都市迷宮小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
3月11日
言語
JA
日本語
ページ数
278
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
373.8
KB

久生十蘭の他のブック

1954年
1990年
1974年
1986年
1974年
1974年

カスタマーはこんな商品も購入

1961年
1935年
1999年
2015年
2015年
1938年