• ¥600

発行者による作品情報

八丈島沖で漁獲された鮫の胃から見つかった人間の左手――それが事件の発端だった。指紋照会の結果、暴力団員横堀好男のものと判明。特捜刑事・香月功と相棒の志賀今日子は潜入捜査を開始した。横堀がかつて抗争相手の組員を射殺していたことから、香月は両組織が縄張りとする新宿歌舞伎町に乗りこむ。だがその裏には、財界をも巻きこむ恐るべき真実が隠されていた……。警察小説の金字塔と名高い人気シリーズ第9弾!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2011
9月23日
言語
JA
日本語
ページ数
210
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1
MB

太田蘭三の他のブック

このシリーズの他のブック