• ¥440

発行者による作品情報

西暦350年頃、インドの貴族を父に、亀茲(きじ=クチャ)国王の妹を母として生まれた訳経僧・鳩摩羅什(くまらじゅう=クマーラジーヴァ・羅什三蔵)の生涯を描く。彼は9歳の時、当時の仏教の中心地・罽賓(けいひん)国に留学し小乗経(部派仏教)を学ぶが、帰国の途中、法華経を授けられる。その後、401年に後秦国の姚興(ようこう)王に迎えられて長安に入り、亡くなるまでの10年ほどの間に、74部384巻にのぼる仏典を翻訳。その訳業は「絶後光前」と讃えられたという。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1990
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
250
ページ
発行者
第三文明社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
103.7
MB

田丸ようすけの他のブック