発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、国枝 史郎(くにえだ しろう、1887年10月4日 - 1943年4月8日)は日本の小説家。怪奇・幻想・耽美的な伝奇小説の書き手。他に探偵小説、戯曲なども執筆。この作品は底本の「国枝史郎伝奇全集 巻六」では評論・文学研究としてまとめられている。初出は「冨士」特別増大号 1937(昭和12)年9月。

ジャンル
小説/文学
発売日
1941
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
23
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
23.8
KB

国枝史郎の他のブック