発行者による作品情報

この作品の作家は、南部 修太郎(なんぶ しゅうたろう、1892年(明治25年)10月12日 - 1936年(昭和11年)6月22日)は、日本の小説家。この作品は底本の「改造」では「ゲーム」としてまとめられている。『麻雀を語る』には、「一」「二」「三」「四」「五」「六」などが収録されている。初出は1930(昭和5)年4月1日。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1934
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
26
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
28.3
KB

南部修太郎の他のブック