• ¥950

発行者による作品情報

社員が仕事を楽しむ会社は業績がいい!


「明日、会社に行きたくない」

たいていのビジネスマンは、誰でも一度はこういう思いを抱いたことがあるだろう。 もしかしたら現在もそうだし、今後もそれは変わらないと思っているかもしれない。 また部下をもつ人は「誰だって嫌だけど我慢して働いている」「やりたい仕事に就ける人なんてほとんどいない」などと自分や部下を慰めたりしているかもしれない。

そうやって「世の中は理不尽なもの」「自分の力ではどうにもならない」と諦め、慣習におとなしく従って働き、働かせ続けるのは簡単だ。だが果たしてそれが業績につながるだろうか。そこで働く人間は幸せだろうか。


本書の主人公は、業績悪化で閉鎖間近の赤字工場に、本社から派遣されてきた女性マネジャー、ペギー。1年以内に業績を立て直せなければ工場は閉鎖、そしてクビの運命。なかば諦めかけていたところ、この工場にひとつだけ、全工場のなかでもダントツの成績を上げている課があることが分かった。


偶然その課のリーダーであるアンディと知り合ったペギーは、ずば抜けたパフォーマンスを上げている3つの秘訣を教えてもらうことになる。簡単にまとめると以下のとおりだ。


「リスの精神」……やりがいがある仕事をする

「ビーバーの行動」……自己管理をしながら目標を達成する

「ガンの贈り物」……仲間に惜しみない声援を送る


長期的に業績を上げるために必要なことは、部下のあら探しや作業の極端な効率化ではない。従業員のやる気はパフォーマンスも上げるのだ。


本書は管理職のための『1分間』シリーズのひとつで、組織モチベーションアップに焦点をあてている。一人一人がやる気と責任を自覚しながら働ける仕事場作りの秘訣をぜひ学んでほしい。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013
6月27日
言語
JA
日本語
ページ数
164
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
3.5
MB

ケン・ブランチャード & シェルダン・ボウルズの他のブック