14歳のときに教えてほしかった 起業家という冒‪険‬

    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

兄・成田悠輔のひと言がきっかけだった

●会社員であることは人生のリスクである
あえてレールから外る者が勝つ時代
40代でも間に合う「起業」という成長戦略

●学歴や職歴は関係ない、行動を起こすものだけが全てを制する
偏差値の高い大学を卒業して有名企業に入り、
コツコツと仕事をこなして、定年を迎える。
そんなかつての成功モデルは、いまやリスクでしかない。

失敗を恐れず、1つの場所に固執しない。
副業、独立、社内起業、転職、そしてスタートアップ起業を視野に入れる学生・会社員必読の書。

●"ホームラン級のリターン"は「起業」という冒険から
パチンコ、麻雀、女、酒、タバコを欠かさず、ほぼニート状態の父親。
それに母親が共依存するという複雑な家庭環境に育った。

14歳のとき、父親が自己破産のうえ失踪。
貧しい生活を支えた母親は病に倒れ、半身不随になってしまった。

苦境のなか、独学で大学に合格、奨学金を得た。
そして、兄がくれた本をきっかけに「起業」を志した青年は、
「ユーグレナ」や「ラクスル」の社長と出会い、
体当たりで学生起業家の道を歩むようになる。

20歳のときに学生起業して、昼夜を問わず大奮闘。
しかし、最初のチャレンジは失敗に終わった。

ところが、起業にかける夢と情熱は、次なる展開へとつながった。
創業したばかりのベンチャー企業に4人目のメンバーとして参画し、
3年で株式上場を果たし、全国規模にまで大きく成長させた。

金なし、コネなしのふつうの学生が、なぜ成功できたのか?

本書は起業を通じた人生の指南書。
何歳でも起業・独立・副業でビジネスを展開するときには役立つ内容。
これからは会社員であっても、自分で事業をつくれると強い。
その思考法、ノウハウを全公開する。

40代でも間に合う「起業」という成長戦略。
"ホームラン級のリターン"は「起業」という冒険から。40代でも間に合う「起業」という成長戦略。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2023年
10月17日
言語
JA
日本語
ページ数
234
ページ
発行者
ダイヤモンド社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
7.2
MB

成田修造の他のブック