1973年のピンボー‪ル‬

    • 4.2 • 95件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなかった。一度も振り向かなかった」東京で友人と小さな翻訳事務所を経営する〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い時間を過ごす〈鼠〉。二人は痛みを抱えながらも、それぞれの儀式で青春に別れを告げる。『風の歌を聴け』から3年後、ひとつの季節の終焉と始まりの予感。「初期三部作」第二作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2004年
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

ヌード最高

完成度の高い小説

 村上春樹の初期の作品を改めて読むと、その完成度の高さに感心させられる。
 特に風景描写が素晴らしい。またピンボールや音楽の知識の深さにも驚いてしまう。

村上春樹の他のブック

2016年
2004年
2015年
2015年
2018年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
2014年
2009年
2015年
2012年
2001年