• ¥1,400

発行者による作品情報

終身現役、一生勉強。
56歳でベストセラーを上梓、
85歳を超えても活躍し続ける秘訣とは?

孔子は「40歳にして不惑」「50歳にして天命を知る」と言っています。
確かに人生を「起」「承」「転」「結」と4つに区切れば
50歳は既に己の行く道筋をはっきりと頭に描き、死という終わりに備える「結」に入る年齢なのかもしれません。
しかし、人生が80年以上になった今、童門先生は「もはや人間の一生に『結』などない。あるのは『転』だけだ」とおっしゃいます。
逆に50歳は新しい境地を追い求める転変への分岐点になりえるというのです。
実際、代表作となった歴史小説『小説 上杉鷹山』を上梓されたのは
都庁勤務というサラリーマン生活に51歳で終止符を打ち、作家活動に専念された後、56歳の時なのです。

そして、「起承転転」の日々を支えるのは知識や教養を高めるための「勉強」であると先生はおっしゃいます。
この本にはその「勉強」をどのような態度でどういうふうに行っていけばよいのかが書いてあります。
50代からに焦点を当てた童門式勉強法です。
しかし、その方法論、生きる姿勢はあらゆる年齢の方々にも参考になります。
若い方々にも是非読んで頂きたい1冊です。

*目次より

「死して朽ちない」ために何を学ぶか
死ぬまで未熟、未完な「起承転々」の人生
型にとらわれない自分流の学び方でいい
「眠らなくてはいけない」という拘束感から解放されよ
頭をやわらかく、心をゆたかにする思考法
人生の余白を広げる学び方
「終身現役、一生勉強」の生き方を貫く
知識と行動を並立させる「楕円思想」をもて
やるべきときに自分の「やる気」に相談するな
主体性と協調性が並立する「握り飯」型人間であれ
異見こそ尊重せよ――単眼を複眼に変えるもの
世界の破滅を前にリンゴを植える静かな覚悟をもつ

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2013
11月15日
言語
JA
日本語
ページ数
143
ページ
発行者
サンマーク出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

童門冬二の他のブック