• ¥850

発行者による作品情報

731部隊の闇は戦後も続いていた。太平洋戦争中に生体解剖やペスト菌による非人道的な実験を行った細菌戦部隊。残虐な行為に手を染めながら、なぜ彼らは戦犯とならずに済んだのか。そこには隊長・石井四郎とGHQの驚くべき駆け引きがあった。戦後50余年を経て発見された石井の直筆ノート2冊から隠された真実を読み解く。国内外の圧倒的な取材から浮上した新しい戦後史。

ジャンル
歴史
発売日
2008
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
443
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
5.7
MB

青木冨貴子の他のブック