• ¥880

発行者による作品情報

集団的自衛権の行使を容認する安保法制が成立し、憲法9条は戦争条項となった。立憲主義がないがしろにされるなか、国民はここからどこに向かうべきか。議論と覚悟なくして従米から逃れる道はないと説く警告の書。

ジャンル
政治/時事
発売日
2015年
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
137
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
938.1
KB

小林よしのりの他のブック

2013年
2015年
2012年
2013年
2012年
2012年