• ¥400

発行者による作品情報

摂食障害気味の女性作家「私」のパソコンに日々残されている意味不明の文章=錯文。錯乱した状態の「私」が書き残しているらしいのだが…。関係を持った編集者の「彼」とその婚約者の「彼女」をめぐって、「私」の現実は分裂し歪んでいく。錯文の意味するものとは。錯乱した「私」は正気の「私」に何を伝えたいのか。孤独と分裂の果てには何が待つのか。著者の大きな飛躍点となった第三長編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
1月23日
言語
JA
日本語
ページ数
176
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
531.7
KB

金原ひとみの他のブック