• ¥1,600

発行者による作品情報

朝敵、奸賊、謀反人……

歴史の闇に葬られた男たちの棺を、今こじ開ける!!



歴史作家・伊東潤が歴史上の「敗者」にスポットを当て、

その敗因を徹底分析したノンフィクション作品。



日本史に光芒を放った二十五人の男たちが、いかにして敗れていったかを探り、そこから教訓を学び取ることが本書の目的である。

人の営みは古代も今も、さして変わらないはずだ。

油断、増長、優柔不断……

敗因は、歴史の中に埋もれ、また繰り返される。



世の中には、戦争から出世、受験まで、

無数の戦いや競い合いがあり、

日々、無数の勝者と敗者が生まれている。



本書には、現代を生き抜くためのヒントが散りばめられている。



「敗者から学べることは、勝者から学べることよりも、はるかに多い。

本書を一読すれば、歴史の狭間に落ちてしまった者たちの怨嗟の声が聞こえてくるはずだ。その時、あなたは一つ学んだことになる。」(本文より)

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2016
6月17日
言語
JA
日本語
ページ数
243
ページ
発行者
コルク
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.3
MB

伊東潤の他のブック