BASARA (21) BASARA (21)
BASARA

BASARA (21‪)‬

    • 3.9 • 10件の評価
    • ¥490
    • ¥490

発行者による作品情報

タタラの朱雀(すざく)、白虎の連合軍のもとに全国各地から援軍が集結した。網走刑務所の水の鹿。東北の増長(ますなが)率いる鹿角(かづの)一派。雷蔵率いる関東勢。そして四国、熊野。こうして更紗(さらさ)たちは革命軍としての一大勢力となった。朱里もまた、父の跡を継いで、新国王として、更紗たちを迎え討つことになった。朱里は長城の防御壁を、蜃気楼ではあったが1週間で作り上げ、京都の民に王として認めてもらった。また、それを見た更紗は、朱里との決戦が近いと感じた。一方“石榴(ざくろ)計画”の正体をつきとめようと、蓬莱(ほうらい)山に潜入した太郎ちゃんは、重要な情報を手に入れたが…!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1997年
8月22日
言語
JA
日本語
ページ数
179
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
47.5
MB

田村由美の他のブック

ミステリと言う勿れ(14) ミステリと言う勿れ(14)
2024年
ミステリと言う勿れ(2) ミステリと言う勿れ(2)
2018年
ミステリと言う勿れ(4) ミステリと言う勿れ(4)
2019年
ミステリと言う勿れ(3) ミステリと言う勿れ(3)
2018年
ミステリと言う勿れ(1) ミステリと言う勿れ(1)
2018年
ミステリと言う勿れ(5) ミステリと言う勿れ(5)
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

天は赤い河のほとり(21) 天は赤い河のほとり(21)
2000年
天は赤い河のほとり(20) 天は赤い河のほとり(20)
2000年
天は赤い河のほとり(25) 天は赤い河のほとり(25)
2001年
天は赤い河のほとり(22) 天は赤い河のほとり(22)
2000年
天は赤い河のほとり(26) 天は赤い河のほとり(26)
2001年
天は赤い河のほとり(23) 天は赤い河のほとり(23)
2001年

このシリーズの他のブック

BASARA (22) BASARA (22)
1998年
BASARA (23) BASARA (23)
1998年
BASARA (24) BASARA (24)
1998年
BASARA (25) BASARA (25)
1999年
BASARA (26) BASARA (26)
1999年
BASARA (27) BASARA (27)
2000年