• ¥760

発行者による作品情報

ドイツの作曲家、ピアニスト、フェルディナント・バイエル(Ferdinand Beyer)がピアノ奏法入門書として考案した曲集「バイエル ピアノ教則本」を、ムトウ音楽メソッドを基に考案した、全く新しい記譜法「クロマチックノーテーション」で表記した楽譜です。

読譜しやすいようレイアウトの細部にもこだわり、非常に見やすく解りやすい美しい楽譜となっております。チュートリアルや、注釈などの言語は「日本語」と「英語」に対応しています。

※クロマチックノーテーションとは、従来の五線による記譜法のように、読譜をややこしくしていた♯や♭などの変化記号、ト音記号などの音部記号を無くし、3本の基線で1オクターブを記した次代の全く新しい記譜法です。

※クロマチックノーテーションは、ピアノを始めとする鍵盤楽器、移調楽器、弦楽器、声楽に至る全ての記譜に対応しています。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2015
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
101
ページ
発行者
宝音出版
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
27.1
MB

大川ワタルの他のブック