• ¥950

発行者による作品情報

直木賞作家・永井路子氏の作品が遂に電子化!

数々の苦難に遭いながら、十年の歳月を経て、戒和上鑑真とその弟子が渡日。

彼らは、「戒」を伝承するためにやって来たのだが、日本側の仏教に対する温度差に戸惑い、不遇をかこつ。

権謀術数に長け、光明皇太后の信任を得て、権力の中枢にある藤原仲麻呂が牛耳る天平の時代を丹念に史料を読み込み、紡ぎ出した歴史大作。

第21回女流文学賞受賞作。


【上巻 目次】


出 発

時 間

言 葉

儀 式

葬 送 行

演 出

杖 死

優 詔

空 白

遺 構

唐律招堤


【著者プロフィール】

大正14年東京生まれ。東京女子大学国文科卒業後小学館に入社し、『女学生の友』『マドモアゼル』の編集者を務める。

小学館時代から歴史小説を執筆し始め、昭和39年『炎環』で直木賞を受賞。その他にも吉川英治文学賞を受賞した『雲と風と』等多くの素晴らしい作品を世に送り出している。

男性的目線になりがちな歴史人物や歴史事件を解きほぐし、その陰になりがちな女性にも焦点をあて、歴史上の人物、出来事を鮮やかに浮かび上がらせる作風は、歴史小説に新風を巻き込んだものと評価されている。

また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。

ジャンル
歴史
発売日
2014
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
262
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
3.2
MB

永井路子の他のブック