• ¥560

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※『恋と日記』の一部の記事は掲載されておりません。
※『恋と歌舞伎』の一部の写真は掲載されておりません。
※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

久しぶりに「恋」のことを考えてみよう、と思います。
効率化と最適化が進む現代社会においても、「恋」だけは先が読めず、時に厄介なもの、そして素敵なもの
そう、恋はいつも、得がたい「ナニカ」をくれます。それは尊さや温もり、時に苦さも。
従来の「男らしさ」「女らしさ」への懐疑や、ますます高まるジェンダー意識など、個人と社会が激動する今、2020年の「恋の、答え。」を見つけに。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2020
10月15日
言語
JA
日本語
ページ数
132
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
74.3
MB

BRUTUS編集部の他のブック