• ¥800

発行者による作品情報

アジア屈指の大歓楽街――新宿歌舞伎町。様々な民族が巣喰うこの街で、器用に生き抜いてきた故買屋・劉健一。だが、かつての相棒・呉富春が戻ってきたことから事態は一変した。富春は、上海マフィアのボス元成貴の片腕を殺し逃亡を続けていたのだ。健一は元に呼び戻され、三日以内に富春を連れてこいと脅される。同じ頃、謎の女が、健一に仕事を依頼してきた。彼女が売りたいと口にした意外なものとは――。生き残るために嘘と裏切りを重ねる人間たちを濃密な筆致で綴った危険な物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
1998
4月23日
言語
JA
日本語
ページ数
430
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.4
MB

カスタマーレビュー

Re n

ミステリー好きなら

文句無しにオモロイ!
ストーリー、登場人物など普通じゃなく、非現実な裏世界のかなり危ない怪しげなムードがよい!

にょぐた

ぐいぐい引っ張られる

十数年ぶりに電子版を買って読んだけど、やっぱり面白かった!
鎮魂歌と長恨歌の電子版にも期待しています。

馳星周の他のブック

このシリーズの他のブック