• ¥1,100

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

mina perhonen and Akira Minagawa
ミナ ペルホネンと皆川 明

絵画をそのまま布に落とし込んだような柄と鮮やかな色彩、繊細な刺繍……。1995年に登場したミナ ペルホネンは美しい存在感と生地から服を作るというアプローチでファッション界に衝撃をもたらした。鮮烈なデビューから20年。デザインは家具やプロダクトにまで幅を広げ、デザイナーの皆川 明が掲げる「100年を超えて続くブランド」を目標に輝きを増している。ミナ ペルホネンはどこからきてどこへいくのか。その仕事やインタビューから紐解く。

●東京と長崎で20周年記念展が開催!
●2015-2016 AW Collection モードに着る秋冬の「コク」。
●蒼井優、糸井重里、桐島かれん、中原慎一郎、リサ・ラーソン、菊地敦己。
6人のクリエイターが語る「マイベスト・ミナ ペルホネン」。
●皆川 明 ロングインタビュー。
●フィンランド、スウェーデン、デンマーク…ミナ ペルホネンの社員旅行。
●タンバリン、花、鳥バッグ、ストライプ…マームとジプシーが着る名作。
●アトリエ&ショップスタッフ 41人の普段着スナップ。
●ミナ ペルホネンの工場見学。
●買えるプロダクト、ほぼ全リスト。
●細部まで作り込まれたショップ空間。
●インテリアファブリック《dop》の冒険。
●ファッションブランド〈ミナ ペルホネン〉の特異性。
●皆川 明の好きなもの。
●保養所に集めた北欧デザインのマスターピース。
●『今日のまかない』リアルレポート!
●中村好文が考えた保養所のキッチン。
●陶作家、安藤雅信と始めた器作り。
●谷川俊太郎と子供のための絵本に挑戦!
●リチャード ジノリでジオ・ポンティへのオマージュを製作。
●皆川 明、ミラノのジオ・ポンティを訪ねる。
●僕たちの、ミラノの友人を紹介します!
●IDEEとの「POOL」プロジェクト。
●鹿児島「しょうぶ学園」案内。
●愛用の器コレクション。
●使える! 調理道具コレクション。
●働きたくなるユニフォーム。
●マームとジプシー、舞台でもミナを着る。

ジャンル
職業/技術
発売日
2015
10月7日
言語
JA
日本語
ページ数
172
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
85.4
MB

マガジンハウスの他のブック

このシリーズの他のブック