• ¥500

発行者による作品情報

「不良の聖地」と呼ばれる東京都・達川町(作品内での架空の街)で最強のチンピラと恐れられた九宝龍二(くぼうりゅうじ)。若い頃から喧嘩にあけくれ、素手では負け知らずだったが、ある日ヤクザと喧嘩になり、ピストルで頭を撃ち抜かれ死んでしまう。しかし神のいたずらか彼の魂は16歳の少年の体に乗り移ってしまう。しかもその体は、16年前に捨てた妻・沢渡涼子の息子、沢渡憂作(さわたりゆうさく)であった。龍二は憂作として第二の人生を歩み始めることになる。


<目 次>


#33 櫛渕狩り


#34 両雄ふたたび


#35 激情のはてに


#36 虚しき戦い


#37 最後の一撃は


#38 長瀬の一撃は


#39 久宝翔二<1>


#40 久宝翔二<2>


#41 ガキ…


#42 母親の意地・男の意地


#43 危険な賭け


#44 殺意の証明

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2015
7月23日
言語
JA
日本語
ページ数
223
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
98
MB

東條仁の他のブック

このシリーズの他のブック