• ¥1,600

発行者による作品情報

昭和29(1954)年、静岡県島田市で起きた幼女殺害事件。難航した捜査の末、警察は自白の強要により犯人を仕立てあげました。死刑判決が確定した赤堀政夫さんが再審無罪を勝ちとるまでの34年8ヵ月間を追い、裁判の行方と司法制度の問題点を検証する珠玉のドキュメント。解説は元大阪高裁判事で弁護士の生田暉雄。死刑確定判決が再審無罪となった四大事件の免田、財田川、松山、島田などは冤罪の氷山の一角なのです。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
9月26日
言語
JA
日本語
ページ数
196
ページ
発行者
Solaru
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
907.9
KB