• ¥540

発行者による作品情報

高崎隆之介が横浜(ハマ)に戻ってきた。4年前の不可解な事件で刑事の職を追われた梶礼二郎。その事件の鍵を握るのが高崎だ。高崎を追う梶……。警察と覚醒剤をめぐっての暴力団同士の抗争が複雑に絡みあう。限りない硝煙と血の匂いの中、梶の復讐が始まった。ハードボイルド小説の担い手、北方謙三のデビュー作。

ジャンル
小説/文学
発売日
1985
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
352
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
860.4
KB

北方謙三の他のブック