• ¥800

発行者による作品情報

近年、発酵食の存在が見直されていますが、発酵は、トレンドでも単なる食のジャンルでもありません。

発酵とは、古来日本に続く食文化であり、全国に多種多様な発酵文化が引き継がれています。

日本は世界に名だたる発酵王国。発酵なくして和食は語れないのです。



たとえば味噌や醤油、味醂や納豆、漬物、酒、茶など……、あなたの身近なアレもコレもぜーんぶ発酵だと知っていましたか?

そのほか、へしこやくさや、柿の葉寿司など、その枠に収まらない発酵食品も存在します。



そもそも発酵とは、目に見えない微生物の働きによって食物などが分解され、人にとって有益になる成分に変化すること。

普段、誰もが使っている食材は、微生物がもたらす自然からの恵み。あらゆる食品が発酵の力を借りてつくられているのです。



本特集では、発酵の存在が身近になっているいま、あらためて発酵食に注目しました。

発酵という観点から調味料や食材を掘り上げていくと、そこには日本の食文化の原点が見えてきました。

なぜ調味料は地域によって味わいが異なるのか、なぜ世界で活躍する一流の料理人らが発酵に注目しているのか。

小誌を通して、古来伝承される発酵食の魅力、そこから垣間見える日本人の美意識までお届けします。



※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。

また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
10月4日
言語
JA
日本語
ページ数
213
ページ
発行者
ディスカバー・ジャパン
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
371.5
MB

ディスカバージャパン編集部の他のブック

このシリーズの他のブック