• ¥1,400

発行者による作品情報

常盤優我は仙台市内のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと。そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと――著者一年ぶりの新作書き下ろし長編は、ちょっと不思議で、なんだか切ない。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2018
12月14日
言語
JA
日本語
ページ数
243
ページ
発行者
実業之日本社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.8
MB

伊坂幸太郎の他のブック