• ¥610

発行者による作品情報

桜の木の下で主人から語られる物語に、物憂げな人形は耳を傾ける。

そこは子を残すのが絶対で、子を生むまで強制的な[生]が施行され、たとえ死んでもクローンが存在を代替し存続させてしまう世界。

そんな世界で生きる女性、圭は、ある日美しい青年と出会う。

美しく、そしてひどく怯えた青年、侑生と。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
3月15日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
マイナビ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB