• ¥1,700

発行者による作品情報

◆中小企業の「働き方」問題を一挙に解決!
今いる人材で「生産性」を上げる仕組み、大公開!
「採用募集をしても、いい人材が集まらない」
「せっかく育成したのに、離職してしまう」
「残業をなくそうとしても、売上対策が打てない」
「管理職の育成まで、手が回らない」

「働き方改革」が求められる中で、
中小・零細企業の人事環境は、
ますます厳しい状況に追い込まれています。

●そんな状況のなか、
今いる人材で、「生産性」を上げられるという、
かつてない注目の「仕組み」が登場したのです。

すでに1000社が導入している
その仕組みの開発者と構築・運用者が、
その全貌とノウハウを公開したのが本書です。

部下や社員の能力を最大限に引き出し、
行動習慣を変革させる方法を徹底伝授します。

社員や部下の
「教育ツール」としてはもちろん、
「組織活性化のツール」「人事評価のツール」
としても活用できます。

悩める経営者、リーダー必読の1冊です。

◆気になる本書の内容

はじめに――今いる人材で、生産性を上げることはできる

第1章 できる人の行動を共有し、できる人を増やす仕組み
――超実践的「コンピテンシー」のススメ
・「とにかく行動せよ」という指針の真意
・人はそうそう変えられない。だから……――「原因自分論」の重要性
・「考え方」と「行動」、先に変えるべきはどっち?
・人事の新しい仕組みづくり
・「あるべき姿」「現状」「原因」「対策」 他

第2章 「生産性」を上げる仕組みの土台準備
――「コンピテンシーディクショナリー」を使いこなす
・コンピテンシーの基礎知識
・「仕事のできる人」の能力を、よりブレイクダウンして分析
――コンピテンシーの特徴①
・具体的な行動として「仕事のできる人の行動」を描く
――コンピテンシーの特徴② 他

第3章 この診断ツールで、個人も会社も変わる
――個人と組織の累計コンピテンシー診断
・自分自身の「現在地」を知ることができる診断
・意外と気づいていなかったことを体系化
・コンピテンシー診断(簡易版)のやり方 他

第4章 社員の生産性を上げ、あらゆる問題を解決する人事評価制度
――「あしたの人事評価」の威力
・ダメな評価制度は、優秀な社員のモチベーションを下げる
・人事評価制度で、企業は変えられる
・評価制度を査定だけに使うのは、もったいない 他

第5章 生産性が上がる、
正当な人事評価制度のつくり方
・コンピテンシーを評価制度に落とし込んでいく方法
・A群「ビジネスマナー」を行動目標に落とし込む場合
・「相対評価」ではなく、「絶対評価」にする
――人事評価制度の成功事例①
・「コンピ面談」が、社内で流行語になった小売業
――人事評価制度の成功事例② 他

おわりに――業績向上のための最後の唯一の手段

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2017
7月18日
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
フォレスト出版
販売元
Yznet Co.,Ltd.
サイズ
6.4
MB

望月禎彦 & 高橋恭介の他のブック