• ¥540

発行者による作品情報

「唯物論」と「観念論」。日本国民にとって唯物論は聞きなれない言葉なのですが、わかりやすく言えば、現実を先入観なしに、見えるままに素直に見るということや。ただそれだけのことなのですが、反対に、観念論というのがありましてな。例えば、机が「~在る~」とは、自分がそれを「~在ると思う~」からあるという主張をするわけですわ。せやけどな、「在る」は思う、思わないには関係のないことなんや。もし、人間が思うことによって、あるいは、神に祈ることによって稲や麦が豊作になるとしたらどないなりまっか?人間に労働ということは、いらないことになりますがな。このことは唯物論が真理で観念論は誤りであることを証明しておりまっしゃろ。しかし、悲しいかな日本国民の圧倒的多数は観念論者なのでありますわ。アナタが唯物論を徹底して実践し、この資本主義社会の裏の仕組みが理解できたら、カネでヘタ打たん、悪賢い宗教家にダマされん、女にモテる方法も見いだせる。それをかみ砕いて述べたのが本書でんがな。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2017
10月27日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
インプレス
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
18.9
MB

青木雄二の他のブック