• ¥1,700

発行者による作品情報

たった一度の人生。

好きなことやんないで、何やんだよ。


ハワイ、北米、中南米、南極、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、日本…

気の向くままに、家族で世界を放浪した、約4年間のファミリージプシーデイズ。


旅中に撮った膨大な写真と綴ったメモと向き合い、

世界中の路上で生まれた言葉と写真を集めて創った、

約4年間の旅の集大成『FAMILY GYPSY(ファミリー・ジプシー)』、発売! 


ーーーーーーーーーー


【Prologue】


「もし、なんでも夢が叶うとしたら、何をしたい?」


家族4人、忙しくも幸せな毎日を送っていた、30代の夏のある日。

ふざけ半分に、妻とそんな会話をしたことが、すべての始まりだった。


なんでも夢が叶うとしたら…

家族みんなで世界一周するなんて、サイコーじゃない?


世界を旅しながら、おいしいものをいろいろ食べてさ。

家族みんなで、世界中の大自然で遊んだり、様々な暮らしを感じられたら素敵だよな。

行きたい島やビーチもいっぱいあるし、世界遺産もいろいろ見たいし…


ふたりで、そんな話をしているうちに、

俺たちは、だんだん本気になってきちゃって。


家族で世界一周。マジ、行きたいね! 

何年か頑張ってお金を貯めてさ。

それでも足りない分は、旅をしながらでも続けられる仕事を今から創っておけば、

たぶん、なんとかなるよ。

子供たちにしても、世界一周できるなら、小学校の入学が数年くらい遅れたところで、

人生的にはぜんぜんOKでしょ。


ねぇ。本気で行っちゃおうか?


昼下がりの妄想トークだったはずの会話は、いつしか現実モードに変わり、

それから数年間かけて、夫婦で作戦会議を繰り返しながら、

俺たちは、世界一周の準備を進めていった。


まずは、普段の生活費をセーブして、旅の資金を貯めながら、

今後、世界中どこにいても仕事を続けられる体制を整えたり、

ビザや予防注射など、必要最低限の旅の手続きをしたり、

自宅を引き払い、家財道具は倉庫に預けて、持ち物を最小限に整理したり、

子供たちが入学するはずだった小学校への報告も済ませて…


2008年11月23日。結婚10周年記念日の3日後。

俺、妻のさやか、息子の海(うみ:6歳)、娘の空(そら:4歳)。

俺たち家族4人は、世界一周の旅へ出発した。


ハワイ、北米、中南米、南極、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、日本…

4人それぞれ、大きなバックパックを背負いながら、

飛行機、船、電車、バス、キャンピングカーなどを乗り継ぎながら、

気の向くままに、家族で世界を放浪した、約4年間のファミリージプシーデイズ。


泣いたり、笑ったり、けんかしたり、抱きあったり、

事故ったり、病気になったり、ボラれたり、盗難されたり、

それはもう、いろんなことがあったけど。


心の真ん中は、いつもシンプルだった。


「世界には、いろんな人がいて、いろんなことがあるんだな」

そう感じながら、新しい扉を開き続けたいだけ。


「世界って美しいな。生きるって素晴らしいな」

そう感じた瞬間を、ひとりでも多くの人と、分かちあいたいだけ。


人生80年だとすれば、あと40年のマイライフ。

やりたくないことを、やっている暇はない。


一生、雑魚のまま。

一生、旅人のまま。

本当に大切なものだけをポケットに入れて、

歩きたい道を歩き続けよう。


そんな気持ちを込めて。


旅を愛する人。家族を愛する人。

そして、自由を愛する人に、この本を贈ります。

ジャンル
旅行
発売日
2013
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
321
ページ
発行者
A-Works
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
79.4
MB

高橋歩の他のブック